Technology加工技術

強化加工のアイコン

Tempering

強化加工

風冷強化

風冷強化

ガラスも鉄同様に熱した状態から急激に冷やすことで強度を増すことができます。ガラスを軟化温度近くまで加熱し、その後急激にガラスに空気を当てて風冷することによりガラス表面に圧縮応力を発生させます。風冷強化により、未強化ガラスと比較して約3~5倍に強度を高めることが可能となります。またガラスが破損した場合においても、未強化ガラスと比較して破損形状が細かくなることから、二次災害を軽減する特徴を併せ持っています。ガラス版に熱を加えるため、あまり薄いガラスには加工できず板厚が 3mm以上のガラスには加工可能です。

身近なものの例として、車のサイドウインドウのガラスは強化ガラスとなっているため、割れると粉々に粉砕されます。フロントガラスは未強化ガラスの張り合わせであるため、割れると線状の亀裂が入ります。

化学強化

化学強化

化学強化法は、ケミカル強化法またはイオン交換強化法などと呼ばれている手法によりガラスの表面に科学的に応力層を加えて強化します。380°Cに加熱した硝酸カリウム溶融液にソーダライムガラス(もっとも広く利用されている一般的なガラス)を入れると、ガラスの表面にあるナトリウム分が溶融液中のカリウムとイオン交換を行い置換されます。ナトリウムとカリウムの直径の大きさが異なるためガラス表面に10~20umの厚さの応力層が形成されます。
化学強化法は一般的に3mm以下の薄いガラスを強化する際に使用します。スマートフォンに使用されているディスプレイガラスは化学強化されてガラスです。割れて際に粉砕とならないのが特徴です。

コーティング加工のアイコン

Coating

コーティング加工

AGコーティング

AGコーティング

AG(Anti-Glare)コーティングはガラスの反射や映り込みを抑える加工です。ガラスの表面にごく細かい凹凸をつけることにより、反射光を拡散させガラスの反射や映り込みを抑えます。無反射ガラスとも呼ばれています。またAGコーティングを施したガラス表面は防腐性・耐擦傷性に優れています。

01反射光を拡散し光らない

表面の細かい凹凸により、光が拡散するので反射やまぶしさを抑えます。

02展示物への影響がありません

化学薬品等を一切使用していませんので、絵画写真等の展示物を変質させたりすることはありません

03切断や加工が容易

一般の板ガラスと同様に、切断、穴あけ、切り欠きが可能です。

ARコーティング

AR(Anti-Reflection)コーティングは、光の反射を防ぐ加工で、ガラス板、眼鏡のレンズやパソコンディスプレイなど、液晶パネルの表面、光学レンズなどに採用されています。ARコーティングは、ガラス表面に屈折率が違う素材の皮膜をつくり光の透過特性を変えることで光の反射を防ぎます。光の入射角が0度であれば、反射率が0.5%~2%前後まで低減できます。

AFコーティング

AF(Anti-Fingerprint)コーティングはガラス表面を撥水加工することで、指紋や水、油の汚れを防ぐ加工です。油脂等表面に付着した汚れにも容易に拭き取れることから「防指紋」「防汚膜」「PF(Print Free)」「AS(Anti Scratch)」と呼ばれることもあります。

Printing

印刷

有機印刷

色調合のできる常温効果タイプの樹脂性インキを使用してガラスへ印刷を行います。印刷後、200°C以下の焼成機で焼成させます。ガラスへの接着性が高く、インキの硬度は3~4Hあります。
内装専用の印刷で鏡への印刷も可能です。外装用には使用できません。ダブレットやスマートフォンなどには有機インキが使用されています。

無機印刷

ガラス粉末や無機顔料を主成分とするインキを使用したガラス印刷です。印刷後、溶剤を揮発乾燥させた後に600°C以上の高温で焼成し、インキをガラスに融着させます。この工程により、ガラスとインキが一体化して、インキがはがれにくく色落ちもしにくくなります。インキの硬度は約6Hになります。電子レンジやオーブンなど高温になる機器のガラスに、ロゴや文字を印刷するなどの装飾に多く使用されています。内装、外装ともに使用できますが、使用環境によっては変色する場合があります。温泉地など硫化水素ガスを含むような環境での使用はできません。

Bending

曲げ加工

曲げ加工

曲げ加工によりガラス表面を曲面にします。フラットガラスを所定形状に切断、面取り加工をした後、要求された曲率に合った金型に設置した状態で熱強化炉に投入します。熱が加わることで、フラット硝子は金型の形状に沿うように曲がります。

曲げ加工(強化)

上記の方法で曲げ加工を行った後にガラスを風冷することにより、ガラス表面に圧縮応力を発生させ、強度を未強化ガラスと比べて約3~5倍に高めた曲面ガラスに仕上げます。破損した場合においても、破損形状が細かくなる特徴があり、二次災害を軽減できます。

Surface polishing

表面研磨

表面研磨

円盤状の回転する研磨機に酸化セリウムを添加してガラスの表面を研磨します。微細な表面傷を表面研磨することで目立たなくすることが可能となります。

Processing of glass edge

小口加工

安全面取り

ガラスの切断面で手が切れない程度にグラインダーをかけて面とりをして鋭角をとります。

荒ズリ

機械で鋭角と側面を磨きます。

ツヤミガキ

ガラスの切断面を磨いてツヤを出す加工です。

Cカット

Rカット

ガラスの四隅の角とって丸めます。

カマボコ

ガラスの側面になる切断面を丸くカットし磨き加工を行います。

CONTACT お問い合せ

TO TOP